こんにちは、鈴木領一です。
久しぶりのメルマガ配信となります。

この間に、様々なことが起こりました。
私個人にも大変大きなことが起こりました。
世の中の多くの人が知ることになったある事象に私が深く関わっています。
いつの日か、この出来事をお話することがあると思います。

さて、私は今年の正月に、2016年起こるであろうことを予言(?)しました。
かなりのことが当たり、我ながら驚いています。

2016年の予測 「まさかの時代」(2016年1月5日メルマガ配信)
http://suzuryou.com/2539


2016年は想定外のことが立て続けに起こる「まさかの時代」になると予言しました。

これまでのレガシー(先人が作り上げたシステム・古いシステム)が崩壊し、新しい秩序へと向かう年になると。

世界情勢の予言としては、「EU存続の危機」を予測しましたが、まさにその通りになりました。

イギリスのEU離脱、難民問題の危機的状況、テロによる混乱などEUはまさに歴史の曲がり角にさしかかっています。

また中国の嘘が露呈することも予言しましたが、南シナ海での国際法を無視した振る舞いが世界的な大問題となりました。

中国経済の失速を予言しましたが、日本国内においても「爆買い」の減少によって身近に感じられるほどになりました。

また、日本国内の予言では「消費税増税の再延期」を予測しましたが、その通りとなりました。
選挙における与党の大勝も予測しました。

選挙後、大規模な経済対策が行われることも予測しましたが、その通り現在「20兆円」規模の経済対策が考えられています。
これから日本経済は更に上向くことでしょう。

今後気になるのはオリンピックでのテロの可能性です。
世界が新しい危機の時代に突入した今、何が起こるか分かりません。日本国内においてもそうです。

さらに私は、今年が「嘘が暴かれる年になる。暴き暴かれる時代」と予測しました。

日本国内において次々と嘘が暴かれる事象が起きていることは、あなたも実感していることでしょう。

世界に目を向けても、パナマのタックスヘイブンの暴露によって、現在の資本主義の暗黒面を世界中の人がまざまざと知ることになりました。これは今後も続きます。

私は2016年の後半に、更に大きな出来事が起こると予測しています。

それは想定外の軍事衝突であり、想像もしない大規模な経済破綻の連鎖です。

そして、多くの人の人命や生活が脅かされる大事件が起こるかもしれません。
それが何かは、まだ言えませんが…

日本だけでなく、世界が大混乱の時代に突入した今、私たちには全く新しい思考の枠組みが必要とされます。

今後も、私は新しい「思考の枠組み」を提案していきたいと考えています。

 鈴木領一拝

※追伸

現在、私の新刊の執筆が最終段階に来ています。
秋にはご案内できるかと思いますので、是非楽しみにしてください!

目次(ビジネスのケーススタディ)に戻る

この記事の著者

鈴木領一(すずりょう)
鈴木領一(すずりょう)
思考力研究所所長、ビジネス・コーチ、ビジネスプロデューサー、一般社団法人「日本経営コーチ協会」アドバイザー
著書:100の結果を引き寄せる1%アクション他多数
■御連絡はこちらからどうぞ