シュバルの理想宮〜なぜ、一人の郵便配達員が33年かけて理想宮を作ったのか。

シュバルの理想宮Credit: Benoît Prieur - CC-BY-SA

なぜ、一人の郵便配達員が33年かけて理想宮を作ったのか。

僕が20年以上前に作った教材で、「シュバルの理想宮」を取り上げました。とても好きな話で、私の人生の心の支えにもなっています。

1879年、フランスのリヨン、郵便配達員のフェルディナン・シュヴァルが、43歳になったある日、石に躓いて転びました。その石を拾ってみると、なんとも奇妙な形をしていました。

その石を見た瞬間、かつて夢の中に出てきた美しい宮殿のイメージが蘇り、彼は忽然と、その理想宮を作ることを決心します。

彼は、郵便配達で歩く30キロの道中で拾った石を、コツコツと積み上げ、理想宮の外壁を作り始めました。
彼は石と石の間に漆喰を詰め、乾くのを待って、次の石を重ねていきました。外壁だけで20年かけたのです。

当然、シュヴァルは村の変人扱い。

ある男がシュヴァルに聞きました。

「なんでこんなやり方でのんびり作っているんだ」

シュヴァルはこう答えました。

「俺はこのやり方が合っているんだ。漆喰が乾く時間が、ちょうど俺のペースに合っているしね」

彼はたった一人で黙々と作り続け、33年後には、多くの人々を魅了する理想宮を完成させたのです。

今でも、彼が作った理想宮は、世界中の人を魅了し続けています。

シュヴァルは、33年の月日を長く感じたでしょうか。

私は、あっという間の33年だったはず、と思っています。

彼は、彼の頭の中に現れたアイデアに導かれ、彼自身がそれに魅了されて、動き出しました。

一日一個づつ積み上げるような、亀の歩みで。

私が1%アクションを大切にする背景には、この「シュバルの理想宮」の教えがあるのです。

たった一人で創り上げた男の夢! フランス シュバルの理想宮( LINEトラベル )