【1%アクション】時間を長く感じられる生き方。

 

【2015年12月5日(土)のセミナーのCD版、ダウンロード版をリリースします】

今回のテーマは、「バタフライ効果の起こし方」。

無視できるような行動で、想像を超える結果をもたらすバタフライ効果。

大好評につき、半額以下になる割引キャンペーン継続中。

詳しくは、メルマガ後半で。

こんにちは、鈴木領一です。

今年もあとわずかとなりました。あなたにとって今年はどんな年でしたか?

今日12月15日は私の誕生日でした。

朝起きると沢山のお祝いのメッセージをいただき、本当にビックリしました。

メッセージをお贈りいただきました皆様、本当にありがとうございました。とても嬉しかったです。

よく「歳を取ると一年経つのが早くなるよ」と言われますが、私の場合は全く逆です。

年々、一年が長く感じられるようになり、私の体感年齢は既に200歳を超えていると感じています。

今年も随分長く感じました。来年はもっと長く感じるのではないかと思います。

人間の感覚はすべて主観的であり、自己都合で物事をとらえています。

しかし、多くの人が、自分の感覚に自信を持つことができず、他人の「モノサシ」で判断しようとします。

時間の感覚は、その最たるもので、人それぞれ時間の感覚は異なるにも関わらず、誰かが決めた同一基準に合わせようとしています。

私が「歳を重ねると一年が長く感じるようになる」というのには理由があります。

人は慣れてしまうと時間を感じなくなる、という性質を持っています。

私流に言えば、「フレーム」が固定されてしまうと、時間を感じなくなってしまうのです。

多くの人が、歳を重ねると時間が経つのが早く感じてしまうのは、慣れてしまったことが増えてしまい、毎日が何も刺激的でなくなるからです。

私の場合は、「フレーム」を意識し、「フレーム」を変化させるように思考して行動していますので、毎日が新しい経験の連続で、毎日が新しい発見の連続なのです。

さらに、物事の新しい見方も発見できるようになり、これまで見えなかった情報や真実が見えるようになります。

だから、人の何倍も時間の経過を楽しめて、一年を長く感じることができます。

あなたがもし、時間を長く感じたい、と思ったならば、あなたが信じて固定化している「フレーム」を、「それは本当か?」と思いながらチェックしてください。

書籍 でも紹介した、「全部嘘法」です。

わずかでもそう思いながら暮らしていると、フレームを変化させるポイントが見えてきて、新しい発見をするようになります。

「そうか、これはそういう意味だったのか」「ずっと信じていたことが全然違うことだとようやく分かった」という目から鱗の毎日が続くようになります。

是非、試してみてください。

そうそう、今日は、先日お会いした医師の話をしたいと思っていました。

ついつい時間の話で長くなってしまいましたので、明日以降にお話をしたいと思います。

癌治癒の奇跡的な事例を持つ医師のお話で、私のフレーム理論と全く同じ考え方をされている方です。

非常に示唆に富む話ですのでご期待ください。

 鈴木領一拝

2015年12月5日(土)のセミナーのCD版、ダウンロード版をリリースします

テーマは、「バタフライ効果の起こし方」です。
無視できるような行動で、想像を超える結果をもたらすバタフライ効果。

1%アクションを重ねた人は、ある時、想像もしない大変化を体験します。
それまで何も変化がなかった時期が嘘のように、ドバドバと結果が雪崩のように起こる現象。
それがバタフライ効果です。

詳しくはこちらをご覧ください 

目次(メンタル・心の持ち方)に戻る