【1%アクション】あなたの夢が実現するかどうかすぐに簡単に分かるテスト

※お問い合わせを多数いただいた【ビヨンド】に関するCD教材を緊急リリースいたします。

自覚もなく自分をがんじがらめに縛る思考から抜け出し、成功者と同じ思考に変革する方法。

簡単なトレーニングで、【ビヨンド】に達し、自分を自由にし、成功の可能性を拡大させます。

詳細は後ほど。
<半額以下となるリリース直前キャンペーンは2015年10月15日まで>

こんにちは、鈴木領一です。

日本人のノーベル賞受賞の嬉しい知らせが続きましたね。
2000年以降のノーベル賞受賞者では、日本人が第二位とのこと。

今回ノーベル医学・生理学賞を受賞を受賞された大村智博士の言葉が心にしみました。

「人のまねをやったら、それを超えることはできない」

本当におっしゃる通りだと思いました。

人にない思考をし、人がしない行動をする。

これが成功の要諦ですね。

あなたの夢が実現するかどうかすぐに簡単に分かるテスト

私のセミナーでよくやるテストがあります。

あなたの夢が実現するかどうかすぐに分かるテストです。

今回は特別に、そのテストを公開しましょう。

あなたの夢、漠然とした目標でもいいですが、その夢がどこにあるのか、指を指してみてください。

スクリーンショット 2015-10-09 12.48.28

どの方向にありますか? 斜め45度の方向でしょうか? 水平方向でしょうか? 真上でしょうか?

南でしょうか北でしょうか? それとも特別な方向ですか?

あなたが指した指の方向をよく見てください。

このテストを会場で行うと、ほとんどの人が遠くのどこかを指さします。

私はすかさずこう言います。

「皆さんの夢の実現可能性は低いですね」

心の中の距離感と、成功の確率は比例します。

これは拙著「100の結果を引き寄せる1%アクション」の中でMTMを使って解説しました。

心の距離感が遠いものは、実現が難しいと潜在意識が感じているものです。

潜在意識がそう感じている限り、実現することは困難です。

心の距離感と、物理的な距離感は、実はみごとにリンクしています。

あなたが、あなたの夢を指さした距離、その距離感は、あなたが心の中で思っている距離感と一致するのです。

あなたが遠くを指さしたということは、夢はとても遠く、実現は難しいと潜在的に思っているのです。

では、夢を実現する人は、どこを指さすのでしょうか?

目の前か、自分を指さします。

なぜなら、常に目の前にあるからです。

ニンジンを目の前にぶら下げられた馬、という絵を見たことはありますか?

馬は目の前のニンジンを食べようと、ずっと走り続けます。

成功のメカニズムは、実はこれと同じなのです。

馬は目の前にニンジンがあるから走り続けるのです。

欲しいものが目前にあるのですから。

欲しいものが遠くにある、と思っている限り、それに向かって動くことはありません。

では、遠くを指さした人は、永遠に夢を実現できないのでしょうか?

そうではありません。

遠くを指さしていた指を、自分に向ければいいのです。

ただそれだけです。

嘘だろう、と思うでしょう。ほとんどの人がそう思います。

しかし、ここに重大なメカニズムが働いているのです。

心の中の距離感と物理的な距離感はリンクしています。

そのメカニズムを利用して、物理的な距離を縮めることをすれば、心の中の距離感も縮まっていくのです。

行動すれば思考が変化する、という原則が1%アクションの原則です。

遠くを指さしていた指を自分に向ける、というわずかな1%アクションが、心理的な変化を引き起こします。

いつか個展を開きたい、という人がいました。

私は「来週にでも個展を開いたらどうですか?」と言いました。

「あなたの夢は遠くではなく目の前にありますよ」と、その人を指さしました。

すると「まだそんなレベルでもないですし、上手になったらやりたいと思います」と答えました。

この人は、夢を遠く指さしていたのです。

しかし、私はしつこく「来週にでもできますよ。まずやってしまうことが大事で、やれば分かります。小さな個展でいいじゃないですか。何十万で売れなければ恥ずかしいとか、そんなことで悩んでいないで、まずやってしまってください。そうすれば次にやることが分かります」と言い続けました。

すると、この人は、知人のお店の一角で小さな小さな個展を開きました。

小さな小さな行動でしたが、この行動は、この人の思考を劇的に変えてしまいました。

それまでダラダラとやり続けてきた絵を、明確な目標を持って行動し始めたのです。

今ではNYで個展を開くことを目標に動いています。

すでにできるんだ、という意識、それは自分を指さすことと同じなのです。

遠くを指さす意識を自分に向ける。

たったこれだけのシンプルな行動ですが、多くの人がそれすらできないという事実を知ってください。

しかし、今回この事実を知ったあなたは、これから、指を自分に向けてください。

その1%アクションの連続が、思考を【ビヨンド】の状態へと導き、「できる」を前提にした思考へとシフトしていくのです。

※【ビヨンド】に関しては、以前の記事も参照ください。

夢が絶対に実現しない人の思考と、成功者のビヨンドという思考 

ビヨンドになる方法 

楽することを考えないから成功しない

 

鈴木領一拝

お問い合わせを多数いただいた【ビヨンド】に関するCD教材を緊急リリースいたします!

詳しくはこちらをクリック!

目次(メンタル・心の持ち方)に戻る