AppleWatchから見えてくるAppleのDNA

sk_watch_03AppleWatchの発表は僕にとって衝撃だった。
なぜならAppleが予想外の答えを出してきたから。
Appleが長い研究の結果出した答えは「触覚」という極めてアナログでありかつ今後のウェアラブルの方向性を示すものだった。
デジタルクラウン、Taptic Engineは触覚を通じてデジタルワールドとのアクセスを肉体感覚で意識化させる新しいデバイスとのコミュニケーション手法である。
振り返ればAppleはずっとそれを世界に先駆けてやってきたわけで、今回AppleWatchで示した答えは原理主義的にAppleの本筋(DNA)を辿った結果だともいえる。
早く身につけてみたい。そのワクワク感を引き出したのは昔から変わらないAppleマジックそのものだ。

目次(ビジネスのケーススタディ)に戻る