夏が近づいてきましたね。私は九州出身ですが、暑さに弱いので、これから暑さ対策が大変です。塩分と水分を補給するように気をつけましょう。

精神のワールドが変わる、最も強力な方法

前回まで「精神のワールド」を変えることで、思考と行動が変化するというお話しをしました。

「精神のワールド」に関しては、私の過去の教材などで学んでいただきたいのですが、簡単に言うと、あなたが普段使っている言葉の文法に共感する世界、と言ってもいいでしょう。

普段から、「私は○○しかできない」「お金とは無縁だ」などという言葉を使っている人は、そういう言葉を使うのが当たり前だという【頭】になっています。

そして、その言葉と共感する人と付き合い、「みんなそうなんだ」と納得しています。

共感する人たちが共有する考え方の総称を、私は「精神のワールド」と呼んでいます。

この「精神のワールド」から抜け出さない限り、同じことを考え続け、同じことを行動し続けます。

では、どうすれば「精神のワールド」から抜け出せるのでしょうか?

最も効果があるのが、自分と異なる考えの人と出会う、ということです。

「そんな考え方があったのか」「そういう考えでもやっていけるのか」というショックを受けることで、あなたの思考に変化が訪れるのです。

アメリカで面白い調査がありました。

ある地域で、ビジネスで活躍している人たちの過去を調査したら、非常に興味深い事実が分かりました。

この人たちは、かつて同じ職場で働いていた、もしくは同じグループに属していたというのです。

ある場所で同じ時間を過ごし、お互いにコミュニケーションを深めていた、つまり、「精神のワールド」を共有していたのです。

かつてシリコンバレーで次々に著名な起業家が生まれたのは偶然ではありません。

そしてこれは、アメリアだけの現象ではありません。

日本においても、学生時代に同じグループにいた人たちが、その後、社会に出て起業をし、次々に上場企業の経営者になったという事例があります。
(ちなみに私の知人です)

グループの中には、最も影響力のある「精神のリーダー」がいます。その「精神のリーダー」が、グループの精神的支柱となり、グループの「精神のワールド」を形成するのです。

あなたの近くに、そのようなグループや精神のリーダーがいないと感じていたとしても、失望することはありません。

現在は、SNSの普及によって、精神的影響力のある人の考え方に触れる機会が、過去とは比較にならないほど拡大しています。

あなたが積極的に新しい「精神のワールド」に近づこうと考えている限り、いくらでもそのチャンスはあるのです。

シンギュラー思考

多くの人は、「昨日と同じ今日があり、今日と同じ明日が続いていく」と考えています。

そう考える限り、現状を変えることはできません。

そして、このように考える人は、次のように考える傾向もあるようです。

「積み重ねていくうちに、結果が出る」

しかし、本当に大きな結果を出す人は、次のように考える傾向があります。

「突如として、現状を変える出来事が起きる」

これは経験からそう考えるようになった、というより、そう考えていたから、そのような結果を出した、といえるのです。

私はこのような思考を「シンギュラー思考」と呼んでいます。

※「シンギュラー思考」については、【ビヨンド思考空間(思空)の作り方】教材で詳しく解説しています。

シンギュラーとは「特異」な状況をいいます。通常とは極めて異なる状態のことです。

「突然、大きなお金が入ってくる」「突然、会いたい人に会う」「突然、大きなチャンスがやってくる」

というような、想像を超えた出来事が起こることです。

このようなシンギュラーな状況が、自分にも当然のように起こる、と当然のように考えている人には、そのような事象が起こるのです。

それは「引き寄せ」ではなく、「近寄る」なのです。

この違いを考えてみてください。そしてなぜ、そうなるのか、考えてみてください。

(次号につづく)

鈴木領一拝

目次(メンタル・心の持ち方)に戻る

この記事の著者

鈴木領一(すずりょう)
鈴木領一(すずりょう)
思考力研究所所長、ビジネス・コーチ、ビジネスプロデューサー、一般社団法人「日本経営コーチ協会」アドバイザー
著書:100の結果を引き寄せる1%アクション他多数
■御連絡はこちらからどうぞ